KLab株式会社

Twitter
Facebookページ
Twitter
Facebookページ
HOME > よくあるご質問 > 決算説明資料の見方

よくあるご質問

よくあるご質問ランキング

Q配当の考え方について教えてください。

A
当社は内部留保とのバランスを保ちながら、安定性の高い収益の増加に連動した配当の実施を基本方針としております。
現在の当社売上の大半はゲーム事業のものですが、新作タイトルのヒット度合いにより業績が大きく変動いたします。このことから、安定性の高い収益の増加に連動した配当の実施には至っておりません。

一方で、2017年11月6日付の適時開示「2017年12月期 通期業績予想の上方修正に関するお知らせ」でお伝えしましたとおり、当期の売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益は、いずれも期初の業績見通しを大きく超過し過去最高を記録する見込みです。
このことから、2017年11月16日付の適時開示「配当予想の修正に関するお知らせ」でお伝えしましたとおり、2017年12月期配当金の予想を1株につき特別配当9円に修正することといたしました。
詳細画面へ

Q2017年5月25日にフィスコ社からリリースされたアナリストレポートを読みました。 株主還元への言及がありましたが、今後は配当を含めた株主還元が期待できるのですか。

A
アナリストレポートに記載のとおり、当社は株主還元を目的のひとつとして過去4度の自己株式の取得を実施しております。
また、会社法上で定められた分配可能額の上限に達し自己株式の取得ができなくなった以降も、自己株式の取得に類似した効果が期待できる「自社株価予約取引」を実施しており、株主還元を意識した施策には積極的に取り組んできたと考えております。

2017年11月6日付の適時開示「2017年12月期 通期業績予想の上方修正に関するお知らせ」でお伝えしましたとおり、当期の売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益は、いずれも期初の業績見通しを大きく超過し過去最高を記録する見込みです。
このことから、2017年11月15日付の適時開示「配当予想の修正に関するお知らせ」でお伝えしましたとおり、2017年12月期配当金の予想を1株につき特別配当9円に修正することといたしました。

また、2017年11月16日付の適時開示「株主優待制度の新設に関するお知らせ」でお伝えしましたとおり、当社株式を500株以上以上保有する株主を対象に、保有株式数・保有期間に応じて、当社が提供しております人気ゲームタイトルをデザインしましたオリジナルクオカード(予定)を進呈する株主優待を新設いたしました。
詳細画面へ

Q業績予想を教えてください。

A
当社は、決算発表時に翌四半期までの業績予想を公表し、その予想は当社Webサイト内の「投資家情報 IRライブラリー」に掲載しております「決算説明会資料」および「決算短信」をご参照ください。

当社は2016年12月期まで翌四半期業績予想開示を実施しておりましたが、2017年12月期はレンジ形式による通期業績予想開示を採用しております。
なお、通期業績予想数値を 一本値で開示できると判断した場合には、売上高及び各段階利益をレンジ形式ではなく一本値に改めることとしております。

2017年12月期 通期業績予想につきましては、2017年11月6日に上方修正を発表し、売上高26,000百万円、営業利益4,300百万円、経常利益4,900百万円、親会社株主に帰属する当期純利益3,300百万円になるとの見通しを立てております。
詳細画面へ

Q空売り対策はしないのですか?

A
当社は証券取引所が定める「制度信用銘柄」ですが「貸借銘柄」ではありません。
したがって、当社は、証券金融会社に手数料等を支払い当社株式を借り新規に売建てができない銘柄(非貸借銘柄)です。
株主様の仰る「空売り」と言うのは、証券金融会社ではなく当社株式を保有する証券会社等に手数料等を支払い当社株式を借り売建てをする行為を指していると推察します。
毎営業日に更新される東京証券取引所の「空売りの残高に関する情報」おいて、当社株式の売付けポジションをもつ商号・名称・氏名の記載が確認されている場合、当該商号・名称・氏名が「売建て行為」の主体となります。
http://www.jpx.co.jp/markets/public/short-selling/

株価はあくまで投資家間による株式の需給により決定されるものであり、当社が当社株価を意図的に操作することはできません。
しかしながら、当社現物株式の需要がより拡大するために、当社事業の売上拡大をはじめ企業価値を高める施策を継続的に検討してまいります。
詳細画面へ

Q決算期はいつですか?

A
毎年12月31日です。
詳細画面へ
決算説明資料の見方
1件~10件(全19件)

Q連結損益計算書 - 売上高

A
当社の売上は①ゲーム事業及び②その他から構成されます。

①ゲーム事業は、スマートフォン向けアプリを中心にモバイルオンラインゲームの企画・開発・運営を行っており、ゲームユーザー様によるアイテム課金が主な収入源となっております。
当社売上として計上した金額の総計を「グロス売上」、「グロス売上」からプラットフォーム手数料やIP使用料などの必要経費を除いた売上を「ネット売上」と呼んでおります。

②その他は、大規模・高負荷対応のインフラサービスの提供が主な収入源となっております。
詳細画面へ

Q連結損益計算書 - 売上総利益

A
売上からその売上をつくるために要したコスト(売上原価)を差し引いたものです。

売上総利益率が大きくなればなるほど、低コストでゲームやサービスが提供できたことを意味します。
詳細画面へ

Q連結損益計算書 - 営業利益

A
「売上総利益」から「販売費および一般管理費」を差し引いたものであり、企業の本業によって稼いだ利益のことを指します。
詳細画面へ

Q連結損益計算書 - 経常利益

A
企業活動のなかで毎期、経常的・反復的に生じる利益のことであり、「営業利益」に財務活動など本業以外の損益を加減したものです。

「本業以外の損益」とは、預貯金や有価証券から生じる「受取利息」や保有株式から受取る「受取配当金」、金融機関等へ支払う「支払利息」、保有する外貨建て資産や外貨建取引の決済時における為替相場の変動を反映する「為替差損益」などが含まれます。
詳細画面へ

Q連結損益計算書 - 親会社株主に帰属する当期純利益

A
まず「税引前当期純利益」は、「経常利益」に「特別利益」および「特別損失」を加減した後の利益を指します。
「特別利益」および「特別損失」は、通常の企業活動以外で特別な要因で一時的に発生した利益・損失のことです。「固定資産の売却損益」や「投資有価証券および関係会社株式の売却損益」、開発中のゲームを開発中止したりやゲームを撤退させることに伴う「減損損失」や事業撤退する際に発生する「事業整理損」などが含まれます。

「税引前当期純利益」から法人税・住民税・事業税・法人税等調整額を差し引き企業に最終的に残ったものが「当期純利益」と呼ばれておりますが、親会社に50%超の持分を支配されている子会社において生じた利益を親会社の持分の割合だけ加減したものが「親会社株主に帰属する当期純利益」です。
詳細画面へ

Q売上高 前四半期との比較

A
前四半期の売上高と当四半期の売上高を比較し、その増減背景を分析するページです。

主に当四半期中における個別ゲームタイトルの概況について記載しております。
詳細画面へ

Q売上高の推移

A
当社直近3カ年分の売上高および営業利益の推移を四半期単位で示しております。
詳細画面へ

Q海外売上高の推移

A
当社直近3カ年分の海外売上高の推移を四半期単位で示しております。
詳細画面へ

Q費用

A
「売上原価」および「販売費及び一般管理費」のうち主な費目を抜き出し数値で示しております。

「売上原価」は、ゲーム開発やサービス構築・提供に直接従事する従業員の「労務費」、ゲーム開発やサービス構築・提供の全部または一部を当社以外の企業や個人等に担っていただく際に生じる「外注費/業務委託費」、アプリプラットフォームや版権元に支払う「使用料/支払手数料」を示しております。

「販売費及び一般管理費」は、おもにゲーム開発やサービス構築・提供に直接従事しない従業員の「給与手当等」、ゲームを広く周知しプレイしていただくために行う「広告宣伝費(PR)」を示しております。
詳細画面へ

Q使用料/支払手数料

A
アプリを公開しているプラットフォームへお支払するプラットフォーム使用料、IPコンテンツの所有先へ支払う権利料などのことです。
詳細画面へ
お問い合わせ
Powered by i-ask
HOME > よくあるご質問 > 決算説明資料の見方