KLab株式会社

Twitter
Facebookページ
Twitter
Facebookページ
このFAQを印刷
HOME > よくあるご質問 > 内容参照
内容詳細
件名

2017年5月25日にフィスコ社からリリースされたアナリストレポートを読みました。 株主還元への言及がありましたが、今後は配当を含めた株主還元が期待できるのですか。

回答
アナリストレポートに記載のとおり、当社は株主還元を目的のひとつとして過去4度の自己株式の取得を実施しております。
また、会社法上で定められた分配可能額の上限に達し自己株式の取得ができなくなった以降も、自己株式の取得に類似した効果が期待できる「自社株価予約取引」を実施しており、株主還元を意識した施策には積極的に取り組んできたと考えております。

2017年11月6日付の適時開示「2017年12月期 通期業績予想の上方修正に関するお知らせ」でお伝えしましたとおり、当期の売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益は、いずれも期初の業績見通しを大きく超過し過去最高を記録する見込みです。
このことから、2017年11月15日付の適時開示「配当予想の修正に関するお知らせ」でお伝えしましたとおり、2017年12月期配当金の予想を1株につき特別配当9円に修正することといたしました。

また、2017年11月16日付の適時開示「株主優待制度の新設に関するお知らせ」でお伝えしましたとおり、当社株式を500株以上以上保有する株主を対象に、保有株式数・保有期間に応じて、当社が提供しております人気ゲームタイトルをデザインしましたオリジナルクオカード(予定)を進呈する株主優待を新設いたしました。
参考になりましたか?
関連FAQ

Q配当の考え方について教えてください。

A
当社は内部留保とのバランスを保ちながら、安定性の高い収益の増加に連動した配当の実施を基本方針としております。
現在の当社売上の大半はゲーム事業のものですが、新作タイトルのヒット度合いにより業績が大きく変動いたします。このことから、安定性の高い収益の増加に連動した配当の実施には至っておりません。

一方で、2017年11月6日付の適時開示「2017年12月期 通期業績予想の上方修正に関するお知らせ」でお伝えしましたとおり、当期の売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益は、いずれも期初の業績見通しを大きく超過し過去最高を記録する見込みです。
このことから、2017年11月16日付の適時開示「配当予想の修正に関するお知らせ」でお伝えしましたとおり、2017年12月期配当金の予想を1株につき特別配当9円に修正することといたしました。
詳細画面へ

Q新作タイトルのリリース日について早く知りたいです。

A
当社は新作タイトルリリースに関するスケジュールは事前に告知しない方針です。

ゲームリリース日は常に流動的であり、ゲームリリース日の当日にならなければ正式なリリース日は決定いたしません。
このことから、具体的な日程につきましては、新作タイトルに関する公式ティザーサイトにおいても掲載しておりません。

ゲームリリースが開始され、全てのゲームユーザー様がダウンロード出来るようになった時点で初めてプレスリリースを配信しひろく周知いたします。

このような考え方や対応は、現在のモバイルオンラインゲーム業界の主流と考えており、今後もこの方針を貫く考えです。

ご迷惑をお掛けしますが、当社ゲームリリースへの考え方をご理解いただけますと幸いです。
詳細画面へ

Qユーザー事前登録開始日をはじめ、新作タイトルリリースに関するスケジュールが知りたいです。

A
たいへん恐れ入りますが、新作タイトルのリリースや事前登録のスケジュールは事前に告知いたしません。また個別のお問い合わせにも回答いたしません。

ゲームのリリース予定日は開発状況やゲームレビューなどを総合的に勘案したうえで随時判断しており、流動的な状況のもとリリース日を告知することはかえって混乱を招くと考えております。

プラットフォームにおいて実際にゲームのダウンロードが開始され全ての端末でダウンロード出来るようになったことを確認して初めて、公式サイトや公式SNS、ニュースリリース等で周知いたします。
詳細画面へ
お問い合わせ
Powered by i-ask
HOME > よくあるご質問 > 内容参照