KLab株式会社

Twitter
Facebookページ
Twitter
Facebookページ
このFAQを印刷
HOME > よくあるご質問 > 内容参照
内容詳細
件名

KLabGames放送局(くらぶげーむす ほうそうきょく)/KLabGames Station(くらぶげーむす すてーしょん)

回答
当社は社内にゲーム実況スタジオを開設しゲーム情報番組をオンライン動画配信しております。

この番組は各ゲームタイトルの運営メンバーが出演し、ゲームの最新情報や攻略情報等を提供したりゲームユーザーと出演者がマルチプレイしたりするなど楽しい企画が盛り沢山です。
ネット生番組ならではのリアルタイム性を活かし、当社のゲームファンづくりに努めております。

このようなエンゲージメント(ユーザーの愛着心・絆)施策は、ゲームタイトルの売上の維持・向上に寄与しております。
参考になりましたか?
関連FAQ

QKLabはいつ決算説明会を開催しておりますか。

A
当社がより効率的でかつ効果的なIR活動を推進するうえで、機関投資家・アナリスト・関係者の皆様方のご意見を総合的に勘案し、2017年度以降の決算説明会は半期及び通期の年2回の開催とすることといたしました。

今後は、機関投資家さまとは個別ミーティングをより積極的に実施するほか、個人投資家さま向けには当社IRサイトの充実に注力してまいります。
詳細画面へ

Q「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」のTVCMについて、広告宣伝手法はブシロード様と協議のうえ行っているのでしょうか? それともKLabが完全にコントロールして行っているのでしょうか?また、広告宣伝費の費用負担についてブシロード様と折半でしょうか?

A
広告手法の決定については、ブシロード様と協議のうえ行っています。 「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」の広告宣伝費に係るブシロード様との費用負担割合については、機密情報に該当するため回答を差し控えさせていただきます。
詳細画面へ

Q過去のヒット実績から考えますと、KLabはオリジナルゲームの開発は止めて他社IPを用いたゲームのみ開発・運用するのが良いのではないでしょうか。

A
熱量の高いコアファンがいる人気IPと実績のあるゲームシステムをかけ合わせたゲームの開発・運用を当社売上の主軸とすることは今後も変わりません。一方で当社はオリジナルタイトルの開発にも取り組むべきと考えております。

オリジナルゲームは他社IPを用いたゲームと違い版権使用料の支払いがなく高利益率が期待できます。またオリジナルタイトルは新しいゲームシステムに挑戦しやすく、新たな取り組みにチャレンジできる環境を整えることは優秀なゲームクリエイターの獲得にも良い影響を与えられます。

ゲーム化されていない人気IPは数少なくなっており、人気IPにのみ依存しゲームを開発・運営している体制では会社の中長期的な発展は望めません。そのため、会社を成長させるには事業ポートフォリオのなかにオリジナルタイトルの開発を一定割合もつことが必要と考えております。

オリジナルタイトルは知名度やファンがゼロからスタートするため、「ゲーム」だけではヒット確率は低いと考えております。その対策として、当社はオリジナルタイトルをゲーム単品でリリースはせず、関連業界各社とも連携しながら、アニメ・コミック・ライトノベル・音楽・興行などの作品もリリースしていき、メディアミックスのIP(自社IP)として育成していく予定です。
詳細画面へ
お問い合わせ
Powered by i-ask
HOME > よくあるご質問 > 内容参照